おまとめローン

MENU

おまとめローンは銀行カードローンが優れる

多くの借金を抱えてしまっている方は、おまとめローンを利用すると1社に返済がまとまるので楽になります。毎月の返済金額が多くて苦しい方も、利息ばかりで返済が進まない方も、おまとめローンを利用すれば見えてこなかった完済が見えるようになります。

 

ただ、おまとめローンの注意点としては金利にあります。しっかりと金利での比較をしないと、おまとめローンを利用しても対して金利が下がらない、利息負担が減らない場合もあるので十分に注意をしましょう。

 

 

おまとめローンにデメリットはあるか

おまとめローンはメリットがかなり多いと考えらています。複数のローンや借り入れを持っており、それぞれに違った返済日や利息設定などがあればやはり面倒でありますし、それを一つにまとめることができれば、利息面でも借り入れの管理面でもメリットあることはもちろん考えられます。

 

しかし、おまとめローンにもデメリットは存在しますので、利用を検討している人は特に次の2点に注意して利用を決めるべきです。

 

先ず一つ目は複数のローンや借り入れをまとめて一本化ができ、利息も安いものになったのに、実は損をしているという場合があります。注意しなければならないのは返済の期間が長くなってしまうことです。金利は安くなって月々の返済額も少なくなったのに返済期間が長くなったので結局は総返済額が増えてしまう場合です。おまとめローンを利用する時には総返済額をチェックすべきです。

 

二つ目にはおまとめローンは普通のローンや借り入れよりも審査が厳しいということがあります。ローンや借り入れをまとめるとその業者の融資する金額は大きく増えることになりますから、その融資額なりの審査の厳しさがあるのは当然のことです。利用しようにも審査を通過しなければ話になりません。

 

返済が遅れてしまっているとおまとめローン審査は通らない

通常、おまとめローンは借金の整理をするものではないため、現状での返済が出来ていなければおまとめローン審査には通らないでしょう。これはどこの金融機関でも同じですので、返済が出来なくなっている方はおまとめローン以外の解決策を探るべきです。

 

カードローンでよく見る限度額の意味とは

カードローンには、利用者によって限度額というものが設けられています。これは個人が借り入れを行うことができる金額の上限を意味するものです。ですから、限度額が50万円の場合は、50万円以内で希望する金額の融資を受けることができます。

 

もちろん基本的には何度でも利用できるのですが、当然50万円を借り入れした場合は、1円も借りることができなくなってしまいます。ただし、返済をして借入残高を減らすことによって、再び融資を受けることができるのです。

 

上のケースであれば、30万円を返済すれば30万円分の融資枠が空くことになるので、毎月の返済さえきちんとしていれば、再び30万円の追加融資を受けることが可能となります。ちなみに、この限度額はカードローン会社側の判断で決めるものです。審査の際に利用者の収入や信用情報の履歴などから、独自の基準で返済能力の範囲内で決められるのです。

 

もっとも契約の段階では、よほど高い収入で無い限りは、高くでも50万円前後の限度額になると言われています。ただ、継続的にカードローンを利用して、また計画的に返済していれば、会社側から高い評価を受けることになり、限度額が上がることもあるのです。

 

おまとめローンを使うなら限度額も重要

総借り入れ金額が多い場合には、おまとめ先の限度額も重要となります。大きな金額で借りるなら限度額は大きくないと意味がありませんので、低金利で限度額が大きなおまとめローンで使えるオリックス銀行のカードローンを検討してみるのも良いでしょう。